概要
計算
監修医師

タバコ依存症スクリーニングとは?

  • The Tobacco Dependence Screener (TDS)¹⁾. ニコチン依存症のスクリーニングテスト²⁾ とも言われる.
  • 保険診療で禁煙治療を行う際、 5点以上で以下を満たす場合ニコチン依存症管理料を算定できる³⁾.

質問項目

 「はい」 1点 「いいえ」 0点とし、 5点以上をニコチン依存症とする.
  1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
  2. 禁煙や本数を減らそうとしてできなかったことがありましたか?
  3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
  4. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか? (イライラ、 神経質、 落ちつかない、 集中しにくい、 頭痛、 眠気、 胃のむかつき、 心拍が遅い、 食欲または体重増加、 手の震え、 憂鬱) 
  5. 上記の症状を起こさないために、 またタバコを吸い始めたことがありましたか?
  6. 重い病気にかかったとき、 タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
  7. タバコが健康問題を引き起こすとわかっていても吸い続けることがありましたか?
  8. タバコが精神的問題を引き起こすとわかっていても吸い続けることがありましたか?
  9. タバコに依存していると感じたことがありますか?
  10. タバコを吸えないような仕事や社会活動を諦めることがありましたか?

B001-3-2 ニコチン依存症管理料

令和4年医科診療報酬点数 第2章 特掲診療科 第1部 医学管理など 第1節医学管理料等 B001-3-2 ニコチン依存症管理料³⁾より引用

1. ニコチン依存症管理料1

イ 初回 230点

ロ 2回目から4回目まで

  1. 対面で行った場合 184点
  2. 情報通信機器を用いた場合 155点

ハ 5回目 180点

2. ニコチン依存症管理料2(一連につき) 800点


注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、 禁煙を希望する患者であって、 スクリーニン グテスト (TDS) 等によりニコチン依存症であると診断されたものに対し、 治療の必要を認め、 治療内容等に係る説明を行い、 当該患者の同意を文書により得た上で、 禁煙に関する総合的な指導及び治療管理を行うとともに、 その内容を文書により情報提供した場合に、 1の場合は5回に限り、 2の場合は初回時に1回に限り算定する. ただし、 別に厚生労働大臣が定める基準を満たさない場合には、 それぞれの所定点数の100分の70に相当する点数により算定する.
注2 区分番号D200に掲げるスパイログラフィー等検査の4の呼気ガス分析の費用は、 所定点数に含まれるものとする.
注3 1のロの (2) を算定する場合は、 区分番号A001に掲げる再診料、 区分番号A002に掲げる外来診療料、 区分番号C000に掲げる往診料、 区分番号C001に掲げる在宅患者訪問診療料 (1) 又は区分番号C001-2に掲げる在宅患者訪問診療料 (II) は別に算定できない.

ニコチン依存症管理料の算定対象患者³⁾

次の全てに該当するものであって、医師がニコチン依存症の管理が必要であると認めたものであること。
  1. 「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存症に係るスクリーニングテスト (TDS)で、ニコチン依存症と診断されたものであること。
  2. 35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じて得た数が200以上であるものであること。
  3. 直ちに禁煙することを希望している患者であって、 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意しているものであること。

その他の注釈
(1) ニコチン依存症管理料は、入院中の患者以外の患者に対し、「禁煙治療のための標準手順書」(日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会及び日本呼吸器学会の承認を得たものに限る。)に沿って、初回の当該管理料を算定した日から起算して 12週間にわたり計5回の禁煙治療を行った場合に算定する。なお、加熱式たばこを喫煙している患者についても、「禁煙治療のための標準手順書」に沿って禁煙治療を行う。
(2) ニコチン依存症管理料の算定対象となる患者は、次の全てに該当するものであって、医師がニコチン依存症の管理が必要であると認めたものであること。
ア 「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断されたものであること。
イ 35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じて得た数が 200以上であるものであること。
ウ 直ちに禁煙することを希望している患者であって、「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意しているものであること。
(3) ニコチン依存症管理料は、初回算定日より起算して1年を超えた日からでなければ、再度算定することはできない。
(4) 治療管理の要点を診療録に記載する。
(5) 情報通信機器を用いて診察を行う医師は、初回に診察を行う医師と同一のものに限る。
(6) 情報通信機器を用いて診察を行う際には、オンライン指針に沿って診療を行う。
(7) 情報通信機器を用いた診察は、当該保険医療機関内において行う。
(8) 情報通信機器を用いた診察時に、投薬の必要性を認めた場合は、区分番号「F100」処方料又は区分番号「F400」処方箋料を別に算定できる。
(9) 情報通信機器を用いて診察を行う際には、予約に基づく診察による特別の料金の徴収を行うことはできない。
(10) 情報通信機器を用いた診察を行う際の情報通信機器の運用に要する費用については、療養の給付と直接関係ないサービス等の費用として別途徴収できる。
(11) ニコチン依存症管理料2を算定する場合は、患者の同意を文書により得た上で初回の指導時に、診療計画書を作成し、患者に説明し、交付するとともに、その写しを診療録に添付すること。
(12) ニコチン依存症管理料2を算定した患者について、2回目以降の指導予定日に受診しなかった場合は、当該患者に対して電話等によって、受診を指示すること。また、受診を中断する場合には、受診を中断する理由を聴取し、診療録等に記載すること。
(13) ニコチン依存症管理料2を算定する場合においても、2回目から4回目の指導について、情報通信機器を用いて実施することができる。なお、その場合の留意事項は、(5)から(10)まで及び(12)に示すものと同様である。
(14) (2)に規定するニコチン依存症管理料の算定対象となる患者について、「注1」に規定する厚生労働大臣が定める基準を満たさない場合には、所定点数の100分の70に相当する点数を算定する。

参考文献

  1. Development of a screening questionnaire for tobacco/nicotine dependence according to ICD-10, DSM-III-R, and DSM-IV. Addict Behav. 1999 Mar-Apr; 24(2):155-66. PMID: 10336098
  2. 日本循環器学会, 日本肺癌学会, 日本癌学会, 日本呼吸器学会.禁煙治療のための標準手順書 第8.1版. 2021
  3. 令和4年医科診療報酬点数 第2章 特掲診療科 第1部 医学管理など 第1節医学管理料等 B001-3-2 ニコチン依存症管理料

最終更新:2022年8月4日
HOKUTO編集部医師監修
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
タバコ依存症スクリーニング (TDS)の計算機能については臨床支援アプリHOKUTOでご利用いただけます

このコンテンツはWEBからは閲覧できません。

アプリをダウンロードしてご覧ください。

今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師

タバコ依存症スクリーニング (TDS)

ニコチン依存症のスクリーニングテスト
2022年08月08日更新

タバコ依存症スクリーニングとは?

  • The Tobacco Dependence Screener (TDS)¹⁾. ニコチン依存症のスクリーニングテスト²⁾ とも言われる.
  • 保険診療で禁煙治療を行う際、 5点以上で以下を満たす場合ニコチン依存症管理料を算定できる³⁾.

質問項目

 「はい」 1点 「いいえ」 0点とし、 5点以上をニコチン依存症とする.
  1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
  2. 禁煙や本数を減らそうとしてできなかったことがありましたか?
  3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
  4. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか? (イライラ、 神経質、 落ちつかない、 集中しにくい、 頭痛、 眠気、 胃のむかつき、 心拍が遅い、 食欲または体重増加、 手の震え、 憂鬱) 
  5. 上記の症状を起こさないために、 またタバコを吸い始めたことがありましたか?
  6. 重い病気にかかったとき、 タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
  7. タバコが健康問題を引き起こすとわかっていても吸い続けることがありましたか?
  8. タバコが精神的問題を引き起こすとわかっていても吸い続けることがありましたか?
  9. タバコに依存していると感じたことがありますか?
  10. タバコを吸えないような仕事や社会活動を諦めることがありましたか?

B001-3-2 ニコチン依存症管理料

令和4年医科診療報酬点数 第2章 特掲診療科 第1部 医学管理など 第1節医学管理料等 B001-3-2 ニコチン依存症管理料³⁾より引用

1. ニコチン依存症管理料1

イ 初回 230点

ロ 2回目から4回目まで

  1. 対面で行った場合 184点
  2. 情報通信機器を用いた場合 155点

ハ 5回目 180点

2. ニコチン依存症管理料2(一連につき) 800点


注1 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、 禁煙を希望する患者であって、 スクリーニン グテスト (TDS) 等によりニコチン依存症であると診断されたものに対し、 治療の必要を認め、 治療内容等に係る説明を行い、 当該患者の同意を文書により得た上で、 禁煙に関する総合的な指導及び治療管理を行うとともに、 その内容を文書により情報提供した場合に、 1の場合は5回に限り、 2の場合は初回時に1回に限り算定する. ただし、 別に厚生労働大臣が定める基準を満たさない場合には、 それぞれの所定点数の100分の70に相当する点数により算定する.
注2 区分番号D200に掲げるスパイログラフィー等検査の4の呼気ガス分析の費用は、 所定点数に含まれるものとする.
注3 1のロの (2) を算定する場合は、 区分番号A001に掲げる再診料、 区分番号A002に掲げる外来診療料、 区分番号C000に掲げる往診料、 区分番号C001に掲げる在宅患者訪問診療料 (1) 又は区分番号C001-2に掲げる在宅患者訪問診療料 (II) は別に算定できない.

ニコチン依存症管理料の算定対象患者³⁾

次の全てに該当するものであって、医師がニコチン依存症の管理が必要であると認めたものであること。
  1. 「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存症に係るスクリーニングテスト (TDS)で、ニコチン依存症と診断されたものであること。
  2. 35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じて得た数が200以上であるものであること。
  3. 直ちに禁煙することを希望している患者であって、 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意しているものであること。

その他の注釈
(1) ニコチン依存症管理料は、入院中の患者以外の患者に対し、「禁煙治療のための標準手順書」(日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会及び日本呼吸器学会の承認を得たものに限る。)に沿って、初回の当該管理料を算定した日から起算して 12週間にわたり計5回の禁煙治療を行った場合に算定する。なお、加熱式たばこを喫煙している患者についても、「禁煙治療のための標準手順書」に沿って禁煙治療を行う。
(2) ニコチン依存症管理料の算定対象となる患者は、次の全てに該当するものであって、医師がニコチン依存症の管理が必要であると認めたものであること。
ア 「禁煙治療のための標準手順書」に記載されているニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断されたものであること。
イ 35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じて得た数が 200以上であるものであること。
ウ 直ちに禁煙することを希望している患者であって、「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意しているものであること。
(3) ニコチン依存症管理料は、初回算定日より起算して1年を超えた日からでなければ、再度算定することはできない。
(4) 治療管理の要点を診療録に記載する。
(5) 情報通信機器を用いて診察を行う医師は、初回に診察を行う医師と同一のものに限る。
(6) 情報通信機器を用いて診察を行う際には、オンライン指針に沿って診療を行う。
(7) 情報通信機器を用いた診察は、当該保険医療機関内において行う。
(8) 情報通信機器を用いた診察時に、投薬の必要性を認めた場合は、区分番号「F100」処方料又は区分番号「F400」処方箋料を別に算定できる。
(9) 情報通信機器を用いて診察を行う際には、予約に基づく診察による特別の料金の徴収を行うことはできない。
(10) 情報通信機器を用いた診察を行う際の情報通信機器の運用に要する費用については、療養の給付と直接関係ないサービス等の費用として別途徴収できる。
(11) ニコチン依存症管理料2を算定する場合は、患者の同意を文書により得た上で初回の指導時に、診療計画書を作成し、患者に説明し、交付するとともに、その写しを診療録に添付すること。
(12) ニコチン依存症管理料2を算定した患者について、2回目以降の指導予定日に受診しなかった場合は、当該患者に対して電話等によって、受診を指示すること。また、受診を中断する場合には、受診を中断する理由を聴取し、診療録等に記載すること。
(13) ニコチン依存症管理料2を算定する場合においても、2回目から4回目の指導について、情報通信機器を用いて実施することができる。なお、その場合の留意事項は、(5)から(10)まで及び(12)に示すものと同様である。
(14) (2)に規定するニコチン依存症管理料の算定対象となる患者について、「注1」に規定する厚生労働大臣が定める基準を満たさない場合には、所定点数の100分の70に相当する点数を算定する。

参考文献

  1. Development of a screening questionnaire for tobacco/nicotine dependence according to ICD-10, DSM-III-R, and DSM-IV. Addict Behav. 1999 Mar-Apr; 24(2):155-66. PMID: 10336098
  2. 日本循環器学会, 日本肺癌学会, 日本癌学会, 日本呼吸器学会.禁煙治療のための標準手順書 第8.1版. 2021
  3. 令和4年医科診療報酬点数 第2章 特掲診療科 第1部 医学管理など 第1節医学管理料等 B001-3-2 ニコチン依存症管理料

最終更新:2022年8月4日
HOKUTO編集部医師監修
タバコ依存症スクリーニング (TDS)の計算機能については臨床支援アプリHOKUTOでご利用いただけます

このコンテンツはWEBからは閲覧できません。

アプリをダウンロードしてご覧ください。

今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

表・計算

臨床支援アプリHOKUTOでご利用いただける医療計算ツールのご紹介

A
アナフィラキシーの診断基準
日本アレルギー学会策定ガイドラインより
気管支喘息の発作分類
小発作、中発作、大発作、重篤
A-aDO₂ 肺胞気動脈血酸素分圧較差
低酸素血症の評価法
ABCD²スコア
TIA後の脳梗塞発症リスク
ABCD³スコア
TIA後の脳梗塞発症リスク
ABCD³-Iスコア
TIA後の脳梗塞発症リスク
ABCスコア
消化管出血の入院後30日以内死亡予測スコア
ACT(喘息コントロールテスト)
12歳以上の喘息治療評価テスト
ADDリスクスコア
大動脈解離の診断リスクスコア
ADO指数
慢性閉塞性肺疾患 (COPD) の生存期間予測
ADOPT-LC スコア
肝硬変患者における肝手術後の入院中死亡リスクスコア
Adrogue-Madias 式
輸液補正による低Na血症の改善予測
A-DROP スコア
市中肺炎の重症度分類
AIHの重症度分類 2021
自己免疫性肝炎の重症度分類
AIHの診断指針 2021
自己免疫性肝炎の診断指針 (ガイドライン2021)
AIH 改訂型国際診断基準
自己免疫性肝炎の診断基準 (1999年改訂型)
AIH 簡易型国際診断基準
自己免疫性肝炎の診断基準 (2008年簡易型)
AIMS65スコア
上部消化管出血患者の死亡リスク評価
ALBIスコア / modified ALBIグレード
肝細胞癌の肝予備能評価
Alvaradoスコア(MANTRELS)
急性虫垂炎の診断予測
アニオンギャップ (AG)
代謝性アシドーシスの鑑別
Ann Arbor分類
ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫の病期分類
APACHE II スコア
集中治療室入室患者の重症度予測
APGARスコア
出生直後の新生児評価法
ARC-HBR基準
PCI患者の出血リスク評価
ARISCATスコア
術後呼吸器合併症 (PPC) のリスク予測スコア
ATL臨床病型の診断基準
成人T細胞白血病・リンパ腫の診断基準
AUDIT アルコール使用障害同定テスト
アルコール依存症のスクリーニング法
C
CPIS (臨床肺感染スコア)
人工呼吸器関連肺炎(VAP)の臨床呼吸器感染評価
CAGE テスト
アルコール依存症のスクリーニング法
補正Ca濃度
低Alb血症患者におけるCa濃度補正 (Payne式)
カルボプラチンAUC投与量計算
Calvert式によるカルボプラチン投与量
CAM-ICU
ICU患者のせん妄評価方法
カナダ失神リスクスコア
失神患者の30日以内のイベント発生予測
Candidaスコア
非好中球減少患者のカンジダ感染症リスク
CASTスコア
心停止後症候群の神経学的予後予測
rCASTスコア
PCAS(心停止後症候群)の神経学的予後予測
CATCH 小児頭部外傷ルール
小児頭部外傷患者のCT適応基準
CCI (補正血小板増加数)
輸血後1時間後または20時間後の血小板増加数
Canadian C-spine ルール (CCR)
脊椎損傷の疑いを除去するプロトコル
CDAI (関節リウマチ)
関節リウマチの疾患活動性評価
CDAI (クローン病)
クローン病の重症度分類
modified Centor スコア
A群溶連菌性咽頭炎の診断予測
CHADS₂スコア
心房細動患者の脳梗塞発症リスク
CHA₂DS₂-VAScスコア
心房細動患者の脳梗塞発症リスク
CHALICE 小児頭部外傷ルール
小児頭部外傷患者のCT適応基準
チャールソン併存疾患指数 (CCI)
併存疾患による予測短期死亡率
抗がん剤の血管外漏出リスク
組織障害の強さによる薬剤の分類
小児のバイタルサイン正常範囲
年齢別の小児バイタルサイン一覧
肝障害度分類
肝細胞癌患者の肝予備能評価スコア
Child-Pugh分類
肝機能障害の重症度分類
CHOKAIスコア
尿路結石の予測モデル
絨毛癌診断スコア
臨床的絨毛癌の診断基準
CI 心係数(cardiac index)
体表面積当たりに換算した心機能の指標
CIWA-Ar
アルコール離脱症候群の重症度評価
CKDの診断基準とCGA分類
慢性腎不全の診断基準と重症度分類
CLLの治療開始基準
iwCLLで示された慢性リンパ性白血病の治療開始基準
CLLの病期分類 (Binet分類)
慢性リンパ性白血病の病期分類
CLLの病期分類 (改訂Rai分類)
慢性リンパ性白血病の病期分類
CMLの治療効果判定基準
ELN2013の判定基準
CNS-IPIスコア
DLBCLのCNS再発リスクスコア
CONUT スコア
入院患者の栄養状態
CAT (COPD評価テスト)
COPDの治療評価
COPD増悪時のPSL個別化用量
プレドニゾロン個別化用量の推算式
COPDの病期分類 (GOLD分類)
GOLD (Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease)
CPO 心拍出力 (cardiac power output)
心拍出量と平均大動脈圧の積から得られる心機能の指標
CPI (Cペプチドインデックス)
インスリン分泌能の評価法
クレアチニンクリアランスの推算式 (蓄尿法)
24時間蓄尿法によるCCrの算出式
クレアチニンクリアランスの推算式
Cockcroft-gault式による推算値
CREDO-Kyoto 出血性リスクスコア
PCI治療後の出血性リスク評価
CREDO-Kyoto 血栓性リスクスコア
PCI治療後の血栓リスク評価
Crohn病の重症度分類
クローン病の重症度分類
Crohn病の診断基準
診断基準・治療指針 令和3年度改訂版より
CURB-65 スコア
市中肺炎の重症度分類
I
IgG index
中枢神経系での炎症評価
インスリン分泌指数 (II : Insulinogenic Index)
インスリン分泌能の評価法
IIPsの重症度分類
特発性間質性肺炎の重症度分類 (本邦基準)
IIPsの臨床診断名と病理組織分類
特発性間質性肺炎の臨床診断名と病理組織分類
ILD-GAPモデル
慢性間質性肺疾患の重症度分類
IMDスコア
血液腫瘍患者の侵襲性糸状菌感染症リスク
間質性肺炎合併肺癌の術後急性増悪リスク
間質性肺炎合併肺癌の術後急性増悪の予測
IOIBDスコア
クローン病の臨床的活動性指標
IPFの診断 (HRCTと病理組織パターン)
特発性肺線維症:ATS/ERS/JRS/ALATガイドライン2018
AE-IPFの定義と診断基準
特発性肺線維症急性増悪の定義と診断基準
IPI
アグレッシブリンパ腫の国際予後指標
年齢調整IPI
アグレッシブリンパ腫の国際予後指標(年齢調整)
IPSE-T / R-IPSE-T
本態性血小板血症の血栓症リスク評価
IPSET thrombosis
本態性血小板血症の生命予後リスク分類
IPSS for MDS
骨髄異形成症候群の国際予後判定システム
IPSS for PMF
原発性骨髄線維症の国際予後判定システム
IPSS-R
骨髄異形成症候群の改訂国際予後判定システム
I-ROADスコア
院内肺炎の重症度分類
IBSの診断基準(Rome IV基準)
過敏性腸症候群の診断基準
IBS亜型の診断基準
便形状と割合から過敏性腸症候群の亜型に分類
ISS
多発性骨髄腫の国際病期分類
R-ISS
多発性骨髄腫の改訂国際病期分類
ITP重症度分類
特発性血小板減少性紫斑病の重症度分類
S
Sokalスコア
慢性骨髄性白血病の予後分類
Hunt and Hess分類
くも膜下出血の重症度分類
Hunt and Kosnik分類
くも膜下出血の重症度分類
WFNS分類
くも膜下出血の重症度分類
再生不良性貧血の重症度基準
再生不良性貧血診療の参照ガイド 令和1年改訂版より
サンフランシスコ失神ルール (CHESS)
失神患者の入院適応
SAPSⅡ
集中治療室入室患者の重症度予測
SCORTEN
SJS/TENの重症度予測
SDAI (関節リウマチ)
関節リウマチの疾患活動性評価
simplified ATL-PI
急性型、リンパ腫型ATLの予後リスク
SINスコア
転移性骨腫瘍の椎体不安性評価
新片桐スコア
骨転移予後予測スコア
浸透圧ギャップ (血中エタノール濃度予測)
血清浸透圧実測値と理論値のギャップ
SIRSスコア
全身性炎症反応症候群の診断基準
SLEDAI (SLEの重症度分類)
全身性エリテマトーデスの疾患活動性指標
SELENA-SLEDAI
全身性エリテマトーデスの疾患活動性指標
SLiM-CRAB
多発性骨髄腫の診断基準
SMART-COP
市中肺炎の人工呼吸器、昇圧薬の必要性予測
SOB-ASAPスコア
急性心不全の院内死亡リスク予測
SOFAスコア
敗血症のスクリーニング法
ステロイド性骨粗鬆症のリスクスコア
ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン2014年改訂版より
ステロイド外用薬の相対的力価
ランク分類 (5段階 Ⅰ群~Ⅴ群)
ステロイドの効力比と等価用量
ステロイド切替時の用量換算
ステロイド外用薬の部位別吸収率
前腕内側部位との比較
STSスコア (外部リンク)
成人心臓手術の予後予測
SUIT指数
インスリン分泌能の評価法
吹田スコア (LDLモデル)
脂質管理目標値と10年以内の冠動脈疾患の発症率
吹田スコア (2014年オリジナル版)
10年以内に冠動脈疾患を発症する確率
吹田CVDスコア
10年以内の脳卒中・冠動脈疾患発症率
STONEスコア
尿路結石の予測モデル
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!