本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
局所進行結腸癌におけるネオアジュバント化学療法の腫瘍学的安全性の評価:無作為化臨床試験および傾向一致試験の系統的レビューおよびメタ解析
Int J Colorectal Dis2023 Jul 11.

局所進行結腸癌におけるネオアジュバント化学療法の腫瘍学的安全性の評価:無作為化臨床試験および傾向一致試験の系統的レビューおよびメタ解析

Evaluating the oncological safety of neoadjuvant chemotherapy in locally advanced colon carcinoma: a systematic review and meta-analysis of randomised clinical trials and propensity-matched studies.
Davey MG, Amir AH, Ryan OK, Donnelly M, Donlon NE, Regan M, Meshkat B, Nugent E, Joyce M, Hogan AM

AIによる要約

局所進行結腸癌(LACC)に対するネオアジュバント化学療法(NAC)の腫瘍学的安全性を評価した。31,047人のLACC患者を対象に、NAC投与後の病理学的完全奏効率は4.6%、R0切除達成率は90.6%で、3年後の無病生存期間(DFS)と全生存期間(OS)が改善した。これらの結果は、NACを推奨しない現行の管理ガイドラインに反論するものである。

AIによるコメント

この研究は、RCTと傾向一致試験を用いてNACの腫瘍学的安全性を評価した。しかし、病理学的完全奏効率が4.6%と低く、NACの有用性についてはさらなる検討が必要だ。また、DFSとOSの改善は注目すべき点だが、その影響因子についての詳細な分析が欠けている。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
AI機能について
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
臨床支援AI第二弾!おすすめ論文検索AI
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
Int J Colorectal Dis2023 Jul 11.

局所進行結腸癌におけるネオアジュバント化学療法の腫瘍学的安全性の評価:無作為化臨床試験および傾向一致試験の系統的レビューおよびメタ解析

Evaluating the oncological safety of neoadjuvant chemotherapy in locally advanced colon carcinoma: a systematic review and meta-analysis of randomised clinical trials and propensity-matched studies.
Davey MG, Amir AH, Ryan OK, Donnelly M, Donlon NE, Regan M, Meshkat B, Nugent E, Joyce M, Hogan AM

AIによる要約

局所進行結腸癌(LACC)に対するネオアジュバント化学療法(NAC)の腫瘍学的安全性を評価した。31,047人のLACC患者を対象に、NAC投与後の病理学的完全奏効率は4.6%、R0切除達成率は90.6%で、3年後の無病生存期間(DFS)と全生存期間(OS)が改善した。これらの結果は、NACを推奨しない現行の管理ガイドラインに反論するものである。

AIによるコメント

この研究は、RCTと傾向一致試験を用いてNACの腫瘍学的安全性を評価した。しかし、病理学的完全奏効率が4.6%と低く、NACの有用性についてはさらなる検討が必要だ。また、DFSとOSの改善は注目すべき点だが、その影響因子についての詳細な分析が欠けている。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
局所進行結腸癌におけるネオアジュバント化学療法の腫瘍学的安全性の評価:無作為化臨床試験および傾向一致試験の系統的レビューおよびメタ解析